成功者の例 - 【397時間動画パソコン教室】解説ホームページ

成功者の例 - 【397時間動画パソコン教室】解説ホームページ

成功者の例 - 【397時間動画パソコン教室】解説ホームページ

 

この商品がおすすめの理由

 

冒頭で、
1、起業するならネットビジネス
2、起業前に、ウェブ制作技術を覚えろ
といいました。

 

【397時間・動画パソコン教室】では、HTMLなどウェブ制作はもちろん、PHPも、エクセルも、ワードも、Photoshopも、SEOまで学べてしまいます。IT起業するのに必要なスキルのほとんどを学べてしまうわけです。

 

 

膨大な収録時間

 

また、

 

【397時間・動画パソコン教室】の収録時間は
PC版 199時間 + iPod/iPhone/iPad版 199時間で、なんと合計397時間を超えます。

 

学べるジャンルは、
【ウェブデザイン】フォトショップ、イラストレーター、フラッシュ、ドリームウィーバー、アドビプレミア、アフターエフェクト、
【ホームページ作成】HTML・CSS・XHTML、
【マイクロソフト・オフィス】ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス
【プログラミング】PHP、Java、C言語、
【ネットビジネス関係】SEO、PPC広告、SEM。

 

学べるソフト数は29で、講座数は4551。

 

対応OSも幅広く、
Windows 95/98/2000/XP/Vista/7、MAC、iPod、iPhone、iPad
基本的にOSのバージョンは問わない。

 

 

低価格であること

 

通常のパソコンスクールに通って同じような、ウェブデザインとオフィスとプログラミングを学べる総合講座を受講すると、例えばデジタルハリウッドの場合1年間で1,426,000円かかります。

 

書店でこの講座で教える内容分の解説本を揃えた場合、3時間で1冊分程度の内容ですので、132冊分になります。1冊2,000円とすると、246,000円になります。

 

しかし【397時間・動画パソコン教室】では、DVD4枚組で
本のほぼ1/10の価格です。

 

本で覚えるよりも簡単なのに、本よりも安い。
パソコンスクールよりも便利なのに、安い。

 

起業したばかりのころはお金がとにかくないですよね。
そんなときに、パソコンスクールに通うのはあほらしいです。
安く勉強するに限ります。

 

 

通学・時間の短縮

 

遠いパソコンスクールに通わずに済むので時間と交通費が短縮できます。
また、iPodやiPhone/iPad対応なので、
細切れ時間を使って学習することができ、時間が短縮できます。

 

 

わかりやすい

 

講座は、すべて「動画」でのレッスンですから、
パソコンスクールより便利に、独学や本よりもわかりやすいです。

 

動画は本で学ぶよりも当然わかりやすいですし、
動画なので早送りや一時停止、わからないところは繰り返し見ることもできるので、
パソコンスクールで講師に教わるよりも便利です。
再受講も何度でも可能です。

 

 

iPad、iPhoneに対応している

 

【397時間・動画パソコン教室】は、iPad、iPhone、iPodに対応していますので、外出先でも、ベッドに寝転びながらでも、お風呂の中でも、どこでも学ぶことができます。
忙しい人にはぴったりでしょう。

 

 

397時間・動画パソコン教室がオススメの人

 

1、ビッグなIT起業家を目指す人
mixi、GREEのようなビッグビジネスをしたい人

 

2、情報起業やアフィリエイトなどネットで副業をしたい人
アフィリエイト、情報起業、せどり、ドロップシッピング等やりたい人

 

 

ほかにも、

 

ウェブディレクターになりたい人

 

ウェブデザイナーになりたい人

 

プログラマになりたい人

 

マイクロソフトオフィスで資格を取りたい人

 

WEB業界に就職したい人

 

オフィスを覚えてスキルアップしたい人

 

事務員として就職がしたい人

 

パソコン教室に通っている人の補講として

 

パソコン教室に通って挫折した人

 

本で勉強して挫折した人

 

独学で学んで挫折した人

 

動画で勉強をしたいと思っている人

 

老後、新たな知識へのチャレンジとして

 

どこよりも安くパソコンを学びたいと思っている人

 

お金があまりない人

 

細切れ時間を使ってiPhoneなどで何かを学びたい人

 

Adobe Creative Suiteユーザー

 

 

などなど、挙げ始めるときりがありません。

 

とにかくすべてのウェブ関係者、IT起業家、ネットビジネスを始めたい人にオススメしたい教材です。

 

 

 

では、物語に入りましょう。

 

 

 

それは1994年。東京の話です。

 

 

彼は空腹で目をさましました。上京したはいいが大学には通う気になれず、日当たりが悪い安アパートの下宿で寝るか、麻雀をするばかりの日々が続きました。
お好み焼きの粉だけを買ってきて焼いて食べたり、毎日食わず飲まずの生活をしていました。今でいうところのニート状態です。

 

よくある、ぱっとしない若者の人生。彼自身も、周りの人間も、誰もがそう思ったでしょう。

 

 

ある事が起こるまでは・・・

 

 

そのアパートでの生活から、たった半年もしないうちに、彼は月収100万円になっていました。それからまもなく会社を始め、年収が2000万、3000万と上がっていきます。

 

住む家は安アパートから家賃200万の高層マンションに、
車は自転車から外車10台に、
お好み焼きは高級フレンチに変わりました。

 

貯金はゼロ、
古びたアパートで具のないお好み焼きを作って食べていたあの頃から、

 

立ち上げた企業が年商1000億になり、
個人資産が3000億円に達するまで、ほんの8年でした。

 

会社名をオンザエッジからライブドアに変更したあとの
彼の成功を知らない人は、もういないでしょう。

 

 

彼の名前は堀江貴文。

 

 

たった8年で、彼に一体何が起きたのでしょう?
どのようにしてそんな大逆転をしたのでしょうか?

 

答えは簡単です。彼はある「秘密」を手に入れて、それを徹底的にマスターしたのです。彼はもともと大学生でした。しかし、就職しても将来が見えないと感じ、自分の理想のビジネスをしようと、大学を中退したのでした。

 

 

堀江貴文が成功できた理由は
何だと思いますか?

 

 

頭がいいから?違います。もちろん彼はずば抜けて頭がいいですが、それが理由ではないです。

 

選んだ業種がよかった?まあ、それは当然です。

 

答えは、
堀江貴文は、人よりも「パソコンのスキルがあった」からです。だから成功できた。

 

大事なことなので繰り返します。

 

 

 

堀江貴文はパソコンのスキルがあったから
1,000億円稼ぐことができたのです。

 

 

 

もし堀江さんがパソコンがまるでだめなら・・・、頭のイイ人ですから成功はできたでしょうが、
あれほどまでの成功はできなかったはずです。

 

 

 

 

一人の貧乏な大学生がいました。

 

 

堀江貴文と同じ大学に通う彼は、学生時代ずっと志していた水泳も飽きらめ、堀江貴文と同じほど退屈な日々を送っていました。そんな彼の人生は一変します。ウィンドウズの登場です。

 

大学の授業で習ったアメリカのビジネス達に、彼は夢中になりました。東急東横線のボロアパートに住みながら、彼はあるサイトの作成に没頭していました。それまで水泳に集中していたパワーの全てをキーボードに叩き込み、とあるサイトをほぼ一人で作り上げました。

 

そのサイトは大成功し、起業へのプロセスにできました。だが、これはほんの序章に過ぎなかったのです。5年後彼が、日本中を驚かされる、「テレビやラジオ依頼の衝撃を」与えるものを開発するとは誰が予想したでしょうか?

 

彼が新しくはじめたウェブサービスは、確かに新しかった。今までに聞いたことのないシステム、今までに存在しなかった感覚がそこにありました。

 

会員数は続々と増え続け、ついには2000万人に突破し、上場。彼は少なくても2000億円は手に入れたでしょう。

 

 

 

彼の名前は、笠原健治。サイト名はミクシィ。

 

 

 

笠原健治「ウェブサービス立ち上げようと思った始めのころは、全身全霊で、ウェブデザインとプログラミングを覚えて全部一人で作った」(佐々木俊尚:起業家2.0より)

 

 

 

 

 

単なるサラリーマンだった
20代そこそこの青年がいました。

 

週末の暇つぶしにでもと、
一台のパソコンで趣味で始めたサイト。
友達同士の交流の場になればいいと始めたサービスにどんどん人が集まり始め、

 

気がつけば会員数は2000万人を突破。

 

月収20万円のサラリーマンだった彼は、たった7年で
2000億円の個人資産を手に入れ、
フォーブズのアジアの若い富豪ランキングに掲載されました。

 

 

彼の名前は田中良和、三十歳。
そのサイト名はGREEといいます。

 

 

GREEの田中良和さんは7年程度で2000億円を稼ぎましたが、
その理由はなんでしょうか?
SNSという、選んだビジネスがよかった。さらに、
GREE創業時、田中さんには「パソコンのスキル」があったからです。
だから成功できたのです。
もし田中さんにPHPのスキルがなければ、GREEは生まれなかった。

 

 

 

 

小中学校といじめられて、
ホームレスになった男がいます。

 

就職後もうまくいかず、妻子とは別居状態。新宿でホームレス生活を始めました。寝床の土管の中で、パソコンを打ち、作ったサイト。

 

そのサイトに会員数が何十万人と集まり、会社が上場するまでほんの数年もかかりませんでした。

 

彼の名前は兼元 謙任。
OKWAVEを作った人です。

 

 

 

 

会社をやめてニートになった23歳。

 

会社をやめてから、それからは実家にこもりがちになりました。今でいうニート、引きこもりに近い状態。だけど彼にはちょっとしたアイデアがありました。そのアイデアを形にするため、ホームページビルダーでサイトを作りました。
家電の値段がもっと比較できたらいいのにな、というアイデアです。
そのアイデアは大成功し、数年後にサービスは上場します。
ニートの息子が部屋で作ったサイトが東証一部に上場するなんて、親御さんはさぞ驚いたことでしょう。

 

彼の名前は、槇野光昭。
会社名はカカクコムといいます。

 

 

 

中学校時代に不登校になり、
高校は中退した青年が福岡にいました。

 

押し入れにこもって絵を書く生活になります。
大検を取得したが、受験した大学はことごとく不合格。
そんな中父親が倒れ、彼はデザイナーになる夢を捨て、就職します。
サイトで知り合った女子高生と結婚し、彼女に赤ん坊が生まれます。
職も安定せず、お金のない二人です。妻の実家の一室に住ませてもらうことになります。
彼は会社をやめて、自分でサービスを始めることにしました。

 

「女性や、子供にも、使ってもらえるような、
かわいくてわかりやすいものにしよう」
そのサービスは大ヒットし、ウェブ関係者で知らない人はまずいないほど、
業界内のトップに上り詰めました。

 

今では、彼が妻の実家の一室、畳部屋でパソコン1台で始めたサイトが、年商18億円。
最近の、最年少での株式上場も記憶に新しいです。

 

 

彼の名前は、家入一真。
ロリポップの社長と言えば
通じやすいでしょうか?

 

 

彼もある秘密を知り、それを徹底的にマスターしました。

 

ロリポップ家入一真さんが成功できた理由はなんでしょうか?
彼が女性にも好かれるサイト作りができたからでしょうか?
それだけではないですね。
もっともの成功要因は、彼がプログラミングとデザインができた、
つまり「パソコンのスキルを磨いたから」に尽きます。
もし彼がパソコンがまるでダメだったら成功していません。

 

 

 

 

ただの大学生がいました。

 

単なる大学生に過ぎなかったひとりの青年が、ノートパソコンでとあるサイトを作っていました。大学生が交流を図れるようなサービスです。はじめは少数の大学とだけネットワークを組んでいましたが、どんどんその輪が広がり、一般に解放されるようになりました。

 

 

2007年、マイクロソフトが独占契約を結んでくれと打診してきました。
彼は出資金、264億円を手にします。
ほんの数年で、彼の作ったサイトは時価総額が一兆円を超えました。

 

 

彼の名前はマーク・ザッカーバーグ。

 

 

まだ25歳ですが、ビル・ゲイツに匹敵するほどの個人資産を持っているらしいです。彼の作ったサイトはフェイスブックといいます。

 

 

 

ひとりの大学生がいました。

 

専攻した心理学の授業には特に興味を持つこともできず、熱中したものはパソコンでした。彼は覚えたプログラミング言語を使って、とあるサイトを立ち上げます。はじめは自分が知りたい情報が集まるサイトにしたかっただけという動機で始まった、彼のパソコンから始まったその小さなサイトが、社会現象を巻き起こすほどの影響力を持つとは誰が想像できたでしょうか?

 

彼の作った個人サイトを、結局、YahooもGoogleもMicrosoftも倒すことができなかった。これがウェブの魔法です。資金も人脈も労働力もないたったひとりの個人が、巨大企業を凌駕するサービスを構築出来る。

 

そのサイトから文化がどんどん派生し、動画サイトなどが誕生したり、
日本だけのオリジナル文化を形成しています。
「年収はゼロから、全日本人の数くらいになった」と公表されていますが、
グループ会社を加えるとそんなものではないでしょう。
彼は莫大な富を手にしました、就職もせず、資金も必要なく、たったひとつのパソコンと、「とある能力」だけで。

 

 

彼の名前は西村博之。
2ちゃんねる元管理人です。

 

 

 

 

 

・・・さて。

 


彼らに共通する「秘密」とはなんでしょうか?

 

 

 

ライブドアの堀江貴文氏に、
GREEの田中良和氏に、
OKWAVEの兼本氏に、
ロリポップの家入一真氏に、
フェイスブックのマーク・ザッカーバーグに、

 

共通する秘密とはなんでしょうか?

 

 

 

 

ずばり、それは、

 

 

 

パソコン・WEBの知識です。

 

 

 

 

彼らは、全員、WEBの知識を徹底的に身につけてから、起業をしています。

 

 

 

ライブドアを1000億円企業にした堀江貴文さんはこう言っています「はじめはプログラミングもウェブデザインも全部自分でやっていた。ネットビジネスを始める前に技術を覚えると、いいことがたくさんある」著作から引用

 

 

 

ミクシィを作った笠原健治さんはこう言っています。「ウェブサービスを立ち上げようと思った始めのころは、全身全霊で、寝る間も惜しんでウェブデザインとプログラミングを覚えて全部一人で作った」(佐々木俊尚:起業家2.0より)

 

 

 

GREEを5000億円企業にした田中良和さんはこう言っています。「プログラムだけではなく一人でサービスを立ち上げるノウハウを身につけていました。だから、SNSも自分一人で立ち上げられたんです。」Tech総研より引用

 

 

 

ロリポップを年商18億円にして最年少上場を果たした家入一真さんはこう言っています。「サイトプログラムからデザイン、サーバ管理などを1人でこなしていた」ITmediaより引用

 

 

 

 

 

つまり、技術を自分で身につければ、あるいは技術について少なからず知識を持っていれば、

 

今紹介したようなサイトを作ることだって夢ではないということになります。

 

 

 

さて、今度は別の角度から話をしましょう。

 

年収1000憶、2000憶ではないが、

 

月収100万、500万、1000万稼いでいる人たちの成功談話です。

 

 

 

月収15万のトラックの運ちゃんが、
たった2年で年収1億円になり、ヒルズに引っ越した話です。

 

さきほどのような数千億円レベルの成功ではなく、

 

年収1億円、1000万円程度の成功の話です。

 

これくらいの成功は、スモールなネットビジネスをすれば叶います。

 

 

 

スモールビジネスとは

 

アフィリエイトや、情報ビジネス、
せどり、ドロップシッピング、
ホームページ作成代行、ウェブ広告代理店、ネットマーケッター、
SEO関連会社、SEOコンサルタント、

 

などのことです。

 

これらは、あなたがサラリーマンをしていても、気軽に始めることができます。
こういったビジネスでも、「WEBの力」は絶大な効果を発揮します。

 

 

月収15万円のトラック運転手だった彼が、
高層マンションの最上階に居を構えるまで、
たった2年でした。

 

 

 

パソコンのことを何も知らなかった彼が、HTMLやSEOのことをひたすら勉強して、
SEOを駆使したアフィリエイトをはじめて、今では年収3億円を超えています。

 

 

 

彼は成功の秘訣をこう言います。

 

 

 

いや彼というよりも、アフィリエイトで成功している人たちのほぼ全員が、

 

「パソコンができなくても稼げるみたいな情報が氾濫してたけど、
そんなの嘘だと思った。だからはじめは真面目に、WEBの事を勉強した。
手打ちでHTMLやCSS、SEOや画像編集を学んだ」

 

と言っています。

 

 

 

1000億円企業のライブドアほどの成功でなくてもいいなら、
年収1億円程度の成功をしている人は、
スモールビジネス業界に、本当にたくさんいます。

 

 

 

「WEB力」はリアルビジネスにも・・

 

 

街のお酒屋さん、歯医者さん、床屋さん、美容院さんなど、
税理士さん、弁護士さん、マッサージ屋さん、
あらゆる個人事業、リアルビジネスに絶対的に有利なメリットを提示出来るのが「WEBの知識」です。

 

たとえば歯医者さんがHTMLを覚えて自店舗のブログをMTで作成し、検索エンジンで1位を取得すれば売上が倍増するでしょう。店舗の様子をスタッフ全員にTwitterでつぶやいてもらう。お客さんをフォローし、メルマガでも情報を配信。

 

売上はどんどんあがります。WEB力によって。

 

 

 

「WEB力」は就・転職時、圧倒的に有利になる

 

 

また、就職したい、転職したいという場合も、「WEB力」を身につけておくと
絶対的に有利な条件を提示されることでしょう。
これからの時代、どんな企業であっても、
WEBが使える人材を必要とされるでしょうから。
iPadやiPhoneなどスマートフォンの登場で、業界には大きな地盤沈下が起こっています。
特に旧態の企業では「ウェブに強い人材」を

 

どんどん取り入れなければどんどん倒産していきます。
そんなときあなたがWEBを身につけていたらどうですか?

 

 

 

全人類に「WEBの知識」が必要な時代

 

 

スマートフォンの普及や、「GoogleTV」の登場、GoogleOSの無料化、「FREE」、「フラット化する世界」の大ヒット、クラウドコンピューティングの勃興、証券のペーパーレス化、オンラインマネー、AR技術、ソーシャルネットワーク、Twitterの世界的大ヒット…

 

「WEB」は生活をどんどん侵食し、いずれWEBに弱い人は自然淘汰されていくでしょう。

 

WEBに弱ければ、仕事にありつけないだけではなく、生活すらできなくなる。そんな時代がすぐそこまで近づいて来ています。

 

これからの時代、全人類に「WEB力」が必要な時代になったというべきです。

 

 

 

ここまでをまとめますと、

 

 

成功者の例 - 【397時間動画パソコン教室】解説ホームページ

 

 

ビッグなネットビジネスにはWEB力が必須

 

ライブドア、mixi、GREE、フェイスブック、カカクコム、ロリポップ、
サイバーエージェント、楽天、OKWAVE、モバゲーなど
を立ち上げるためには、ウェブの知識が絶対に必要になる。

 

 

 

スモールなネットビジネスにもWEB力が必須

 

アフィリエイト、情報ビジネス、せどり、ドロップシッピングなどを
ホームページ作成代行、ウェブ広告代理店、ネットマーケッター、
SEO関連会社、SEOコンサルタント、
などを始める場合も、ウェブの知識が絶対に必要になる。

 

 

 

リアルビジネスにもWEB力が必須

 

を始めるときにも、WEBの力を身につけておくと断然有利になる。
Twitterとブログの連携、SEOやPPC広告、メールマガジンで店舗の販促、
GoogleMapsとiPhoneを連動させた地図サービスで店舗を紹介、

 

 

 

就・転職をする場合でも、WEB力があれば圧倒的に有利な条件を提示される。

 

 

あなたの前には、道が無数にあります。

 

どこにでもあなたは進むことができる。

 

「WEBの知識」さえあれば。

 

 

そして我々は、
あなたのウェブ力を上げることをお約束します。
上がらなければ、お金はいただきません。

 

 

 

あなたはこんなことに悩んでいませんか?

 

 

パソコン教室やスクールに通いたいが高すぎる…

 

インターネットで副業を始めたいが、PCスキルがない…

 

不況が不安なので、スキルアップしたい…

 

本でパソコンの勉強をするのが苦手で挫折した…

 

「パソコンは買ったのだけれど、使いこなせない…」

 

「ソフトはいろいろ入ってたんだけど、どう使えばいいのかさっぱりわからない…」

 

「パソコンスクールに遠すぎて通えない…」

 

「どこよりも安いお金で、わかりやすいパソコン講座を学びたい…」

 

「自宅で自分のペースで学びたい」

 

 

 

あなたがもしこのようにお考えでしたら、今からもう五分間、この手紙を読み進めてください。

 

この教材が非常に役立つかと思います。

 

 

世の中、不況不況、とは言いますが、インターネット業界はまったく関係ありません。

 

「でもITバブルはもうはじけたでしょう?」
「もうネットでは儲からないでしょ」
「ウェブなんかやっても儲からないよ」

 

そんなことはまったくありません。

 

今も、ツイッターやYouTubeなど革新的なサービスが続々と誕生し、新たな億万長者が世界中で生まれています。

 

今でも、しっかりしたウェブ制作の知識と、ちょっとのアイデアで大成功することはできます・・・

>> 【397時間動画パソコン教室】の詳細はこちらをクリック!
397時間動画パソコン教室 - 価格キャッシュバック

【397時間動画パソコン教室】解説ホームページ

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 成功者の例 プロフィール 教材の内容中身 金額特典返金保証 購入者の結果評判 質問Q&A